パーソナリティ

睡眠と私

こんにちは、マイムです。
 
「ねむい」
 
が生まれつき流行語。とにかく眠いです。眠れないのもつらいのでしょうが、寝ても寝ても眠いのも問題です。
 

今回は

まったくメッセージ性のない記事。プロフィールの一環、題して「睡眠と私」。
 

  寝すぎ疑惑

中1のある日、最近ずっと寝ぼけてる気がする、という感覚に陥りました。世界がぼやっとしていて目がきちんと覚めていない、という違和感。何か変な病気なんじゃないかと小心者の私は怯えました。
 
何のことはない、視力が落ちていた、っていうオチ。視力が落ちるなんて想定もしていませんでした。きっと徐々に落ちていったせいで気が付かなかったのでしょうが、中1の私は「私起きてるのにまだ寝てる、世界がぼやけてるもん」と思ったのでした。どんな思考回路。夢の中にいるせいにするとは。
 
当時テニス部に所属していた私は、眼鏡ではなくコンタクトレンズがいいと主張。そこで母から衝撃のコメントをもらったのです。
 
「あんたみたいに一年中眠くていつでもどこでも寝る人がコンタクトレンズなんて使えるわけないでしょ」
 
どういうこと?そう。この時点では自分がいつも眠いこと、よく寝てるということを自覚していませんでした。
 
マイム
マイム
結局コンタクトレンズを買ってもらい現在も尚コンタクトレンズユーザーです。旅人には不適ですが我慢しています。ケア用品地味に重い。

  思い当たる節

思い返してみれば子供の頃、幼稚園バスの中で毎日爆睡していました。目的地に到着するとよだれを拭いて寝ぼけたままバスを降りる日々。
 
小学生の頃は眠かった記憶がないです。というのも、家庭の教育方針で毎晩20時に寝かされていました。睡眠十分。
 
「20時以降は大人の時間。子供は寝なさい。」
 
テレビドラマは一切見せてもらえず。
 
中学生になり塾が22時までになりました。起きていられるわけがない。こないだまで毎日20時に寝ていた小学生が、部活動後に22時まで勉強なんて到底無理。そんなわけで下校中に寝ながら歩くスキルを習得しました。国道沿いを寝ながら歩いていたのはこの私です。目をつぶったまままっすぐ歩けます。
 

  睡魔との闘い

  飛行機

こんだけ海外に行っているので飛行機に乗る機会は多々。人並みにエンターテイメントを楽しみたい気持ちはあるので映画を見始めますが、1本最後まで見終えることは稀です。映画に関していえば飛行機の中に限った話ではないのですが。
 
初めての海外ひとり旅は日本からアメリカでした。12時間のフライト。搭乗後、離陸前に寝落ち。機内食が出された瞬間だけ起き、食べ終わったら即寝る。その後着陸まで起きませんでした。飛行機を降りようとしたとき、隣の席の人に「一度もトイレに行かなかったけれど大丈夫ですか」と心配されました。
 

  バス

初めての海外ひとり旅の続き。アメリカに到着。空港から待ち合わせ場所までのバス移動で華麗に寝過ごしました。機内で12時間寝た直後に。初めての海外ひとり旅とは思えない緊張感のなさに我ながらドン引きを通り越してもはや自分を誇らしく思いました。
 

  バイク

友人のバイクの後部座席に乗せてもらいました。2人乗り。就寝。危ないから本当にやめてと怒られました。だよね。申し訳ない。でも睡魔だけには勝てない。どう頑張っても勝てない。
 

  マラウイのミニバス

アフリカの公共交通機関、ミニバス。すし詰めのバン。すし詰めなので両隣の人に挟まれて身体が固定され、寝やすいです。快眠。どんなオフロードでも関係ありません。適度な揺れはむしろ心地よいスパイス。
 

  車

助手席に座ってはいけない人。運転してくれている人に対して誠に失礼なタイプです。でも睡魔にだけは勝てない。5分もすれば寝落ち。ゆえ、選べるのであればいつ何時も後部座席希望。
 
運転席にはもっと座ってはいけない人。睡魔の襲撃は運転中も例外ではないからです。眠くなったらもう寝るしかない。どうがんばっても目覚めることは不可能。辛いガム?歌う?窓を開ける?無理無理。停車可能ならそうします。が、そうもいかないときは赤信号の瞬間と、なるべく直線を選んで寝るようにしています。
 
乗り物別に例を挙げましたが、乗り物に乗ると眠くなるという話では全くないです。乗り物に乗らなくても基本的に眠いので、QOL(Quality Of Life)が低めです。
 

  関連事項

定かではないのですが。睡魔との関連を疑う事項がいくつかあります。
 
① 頭の回転
会社員時代、先輩社員に言われたことがあります。
 
「マイムは、頭はいいんだろうけど、頭の回転は遅いよね!」
 
なんとまあ。そして、確かに。と思ってしまいました。勉強はきっとやればできる。暗記もできる。ロジカルシンキングも得意。でも、回転は遅い。いつも眠い=いつも気だるい=脳の働きが鈍い=時間がかかる。妙にしっくり。
 
② エネルギー
若かりし頃、占い好きでした。ワクワクするあの感じ。女子なら一度は興味を持つと思います。ある日、占い師の前に座った瞬間、
 
「あなた、エネルギーが低いわね~!!!」
 
って言われました。どういうこと?けっこう失礼じゃないですか?いいことから言おうよせめて。
 
マイム
マイム
道端で「手相占いの見習い中なんですけど、手相を見せてもらえませんか」と声を掛けられたことがあります。無料だったので見せたら、「気苦労が多いですね」って言われたことも。占い師、なんなん。
後に、占い師に何を反対されようとも、どんな忠告を受けようとも、ふ~んとしか思わず結局自分の意思を貫くタイプだということに気づき、占いは卒業しました。意味ない。どうせ言うこと聞かないもん。
 
③ 血圧
ふつうに血圧が低い。上が100行くか行かないか。だから眠いんでしょうね?だからエネルギーも低い(活力がない)し、頭の回転も遅いんでしょうね?
 

  まとめ

私のネムイネムイ病は意図的に仕込まれたものではないかという疑惑が晴れません。子供の頃に寝かしすぎたのでは。違う?三つ子の魂なんとかじゃない?
 
唯一の自慢は、遅くまで起きていることも朝早く起きることもできることです。朝型にも夜型にも変幻自在。PC作業は夜派。運動系は朝派。
 
マイム
マイム
ただしオールはできません。歳じゃないです。若いころからできませんでした。お肌に悪いからとかじゃなくて能力的にできません。
人生において眠くなかったことはないので、言うなれば睡眠障害風の持病を持った人生を送っていると思います。でもそういう人間なんだろうなと割り切ることで睡魔と仲良くやっています。スーパーロングスリーパー、個性でしょう。このままいつも眠い気だるいキャラで残りの人生を過ごしていくのも悪くないかなと思い始めています。
 
最近出産した友人が、産後はジで寝れないから、出産するなら睡眠時間が短くても大丈夫なように体質改善しとくといいよってアドバイスをくれました。ロングスリーパーは寝不足になってメンタルやられちゃいがちだそうです。やる前から子育て不向き説。
 
マイム
マイム
睡眠時間が4時間だったと言われているナポレオンは、つまり毎日20時間活動していたということ。ナポレオンは産後じゃなかったよね?赤ん坊の世話以外で20時間もやることある?20時間も何かしないといけない?そんな人生大変すぎる…
という、今回は雑談の回でした。
 
マイム
マイム
ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です