雑談

ブログとわたし、わたしとブログ

お久しぶりです、マイムです。
気づいたらブログを離れて2ヶ月ちょっと経っていました。理由はまあいろいろ。
 

今回は

『ブログ記事を書くことについてのブログ記事』
 
何それ?って感じですけど。よくあるやつです、『作文が嫌いっていう作文』とか。私が過去にやったのは『スピーチが嫌いっていうスピーチ』。予期せず好評でした。
 
それではブログ編。順を追っていきます。

  ブログを始めた理由

今年5月に突然ブログを始めました。
 
書くことが好き
ネタ多き人生である
友人ブロガーの勧め
時間がある
 
以上4点の理由から。
 
ブログで稼ぐ!とか、有名になる!とか、有益情報を世に!とか。そういうパッションにまあ欠けていましたね。ウェブマーケティングの知識もなければ、それを習得しようとも思わなかったゆえ、私のブログを読んでくれているのは知人友人が主。
 
読んで!ねえ読んで!ブログ書いたよ!読んで!
 
ってできません。自己肯定感の低さには定評が。こそっと始めて緩く続けてしれっと自然消滅も視野にありますね、はい。←おい

  初期のモチベーション

ふわっとした動機でなんとなく始めたけれど、何事も開始直後は新しいことを始めるということ自体にエキサイトしますよね。未知のものに対してのわくわく。アドレナリンの力です。大学時代にイヌに麻酔をかけてアドレナリン物質を投与して血圧上昇や心拍数増加を実際に見るっていう実験をしたのを思い出します。それが自分自身にも起こるわけです。
 
ブログ記事作成に取り組み、記事を公開して友人からポジティブなフィードバックをもらったりすると、今度はドーパミンの出番!褒められるのは嬉しい。快感を感じ、やる気も湧きます。

  スランプ

スランプ : 不調。心理的、身体的または情緒的に複合した形で原因のつかみにくい一種の混乱状態。  (コトバンク)
初期のわくわくの次に来るのがこれです。不調、それですそれ。ブログ開始当初、順次記事を書いていこうとピックアップした題材は50項目ほど。まだリストに多数残ってます。書くネタがないわけじゃないし、なんなら手を付けた書きかけの記事もある。でも、突如しっくりこなくなりました。文章がすらすら書けない。書いてて自分もつまらないし、つまらない記事しか書けないという現象。
 
作家、漫画家などの職に就いている人たちは俗にいう好きなことを仕事にしている人たちですが。そんなプロでも期限を設けられて締め切りに追われるとどうしても書けない、みたいな時があると思います。
 
一緒にする気はないです、アマチュアですし。仕事じゃないので強制されてもいませんし、期限もありません。でもこの、書けない気持ちはきっと同じ。(だと勝手に思っている)
 
マイム
マイム
違ったら本当にごめんなさい。

  原因分析

そこで原因を分析してみました。なぜ書けなくなったのか。要はモチベーションが低下したのが原因なのですが、モチベーションというものはなぜ低下するのかを自分なりに分析。
 
①満足、飽き
単純に、なんとなく満足してしまうっていうのがまずあると思うんですよね。ブログってこんな感じか、ってわかってしまったことで満たされるやつ。
 
マイム
マイム
恋愛でもミステリアスだからこそ気になるみたいのあるじゃないですか。知ってしまったら飽きるみたいな。え、ちがう?
 
②方向性の迷走
開始当初に「こんなブログを書いていこう」と自分自身がした設定に対しての疑問。今後の方向性迷子です。このままこのスタイルで書き続けていくのかなっていう。バンドでよくあるアレですね、方向性の違いが原因の解散。そう、ひとりバンド解散現象です。
 
 
マイム
マイム
自分のブログなんだから勝手に軌道修正すればいいって?おっしゃる通りなんですが、明確な方向性が定まらずそこがブレてるんですよね。ブレブレ~

③目標の欠如
そもそもね、さっきも言った通り、ブログで○○円稼ぐ!とか、読者○○人達成!とか明確な目標がないのも良くない。目標がなければ成果も見えない(気にしない)。自分の立ち位置もわからない(気にしない)。モチベーションが維持できるのは成果が目に見えて、手応えがあるからこそだと思うんです。

薬局薬剤師時代、自分の働きに対して目に見える成果が見えなかったことで、どうしてもやりがいを感じることができませんでした。給料、お金をモチベーションに頑張れる人が羨ましかったです。私が欲しいのはお金じゃなかった。いやお金ももちろん欲しいですけど!それだけじゃない…って意味ですよ。
 
その後、日本語教師の仕事をして、自分の働きかけに対して生徒が様々な形で応えてくれることに喜びを感じました。ボランティアでしたけど。
 
そういうことなんです結局。じゃあ目標立てろよって?おっしゃる通りです。
 
④ハングリー精神の欠如
目標を立てろ!はおっしゃる通りなんですが、目標を立てるにはまず、こうなりたい!ああなりたい!っていうビジョンがないとダメなわけで。今の私には圧倒的にハングリー精神が欠如しています。ビジョンなし。なんだろうそろそろ仏にでもなるのかな・・・
 
⑤怠慢
時間がなかったっていうシンプルな言い訳。プライベートが忙しかったのも事実です。
 
どこかで誰かが「時間がない」は「優先順位が低い」の丁寧語だと言っていたのにイイネしましたが、正にその通りだと思います。
 
ただ私レベルになると優先順位が低くなってしまう理由を屁理屈で語り出しますからね、ぜひ聞いてください。
 
文章を綴るのは好きなんですが、いや好きだからこそです、記事一つ書くにしても時間をかけて何度も推敲して完成度が一定のラインに達さないと公開したくないっていう自分ルールがあって。隙間時間を効率よく使ってささっと何かができるタイプだったら人生がもっと豊かになっていた気がします。腰を据えて向き合う時間が捻出できなければ何事も優先しません。
 
語学も同じ。隙間時間にアプリで学ぼう!ができません。語学を習得すると決めたら毎日がっつり朝から晩まで語学とだけ向き合いたいタイプ。学生でもない限り無理でしょう?学生でも難しいでしょう、だから、そう、無理なんです。(JICAボランティアの語学訓練は最高でした。毎日がっつり派の私にぴったりの毎日がっつりカリキュラム)
 
不器用で苦労してます。
 
⑥羞恥心
これ、わかってもらえるかどうかわからないんですけど、過去の自分を恥ずかしく思うことってないですか?形として何も残っていなければ過去の自分乙、で終わるし、写真や動画なら封印、誰かの記憶の中にいる自分が恥ずかしければ申し訳ないけどその人と疎遠になることもできます。
 
でもブログの場合、過去に自分が書いた記事がずっとそこに溜まっていくんですよ、当たり前ですけど。
 
人間て、ずっと同じ心理状態じゃないし、成長もするし変化もします。その時その時で感じ方や捉え方、表現の仕方もまったく変わるものだと思うんです。だから、過去に自分が書いた文章は過去の自分が書いた文章であって、現在の私がそれを読むと妙に恥ずかしいときがあるんですよ。
 
その理屈で、未来の自分が恥ずかしく思うような文章を今の自分が綴ることに抵抗が出てきたりして…
 
何を難しいこと言ってんだかと思いますよね?私も思います。しかも今更。ほんと意味わかんない。
 
はい、以上、色々分析してみましたが、できない理由(言い訳)を考えるな、お前は暇か!に尽きるんです。

最後に

私のブログを読んでくれている方、たびたび訪問して新しい記事が上がってるかチェックしてくれていた方、どうもありがとうございます。少なからず楽しみにしてくれている友人たちがいる中、期待を裏切っていることに対しては罪悪感、申し訳なさがありました。私を2ヶ月ぶりにPCに向き合わせてくれたのはそんなあなたたちです。ありがとう!
 
結局のところ、続けるの?続けないの?やりたいの?やりたくないの?っていうそれだけのことだなと。目標がなくても迷走しながらでも書くことが楽しいうちは続けていけたらなって思います。
 
マイム
マイム
目標がなくても迷走しながらでも前進しなければならない人生と同じです。(たぶん違う)
以上、『ブログ記事を書くことについてのブログ記事』でした。
 
マイム
マイム
ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です